HOME > 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置について
2015
05.15

結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置について

 
 結婚・子育て資金の一括贈与の贈与税の非課税措置について、平成
2741日から平成31331日までの間に、直系尊属である祖父母や両親が20歳以上50歳未満の子や孫名義の金融機関の口座等に結婚・子育て資金を一括して拠出した場合、子・孫の受贈者ごとに,000万円(うち結婚関係は300万円)を限度に贈与税が課されないこととされている。この結婚・子育て資金の使途については、大きく結婚関係と妊娠・出産・育児関係それぞれの費用があります。

 結婚関係の費目のうち、婚礼(結婚披露を含む)に係る費用では、受贈者の挙式や結婚披露宴を開催するために必要な費用として会場費や衣装代、招待状等が非課税対象となる。ただし、入籍日の1年前の日以後に支払われたものに限るとされています。
挙式と披露宴を別々の日等に複数回行う場合や二次会を行う場合、海外挙式等を行う場合も対象となります。
(一方、結婚指輪の購入費や挙式等に出席するための交通費・宿泊費、新婚旅行代は対象外)

※注意点もあります。
 その一つとして贈与した祖父母や親が死亡した際にお金がまだ残っていれば、相続財産の対象になります。

詳しくはコチラ⇒第206号 5.15.pdf

お知らせ

2015.06.15 FAX通信ページ更新!

FAX通信第207号、『扶養控除等申告書とマイナンバー』を掲載しました。

2015.06.01 平成27年度個人住民税特別徴収が始まります 

従業員の個人住民税を、会社が給与支払い時に天引きし代わりに納める、特別徴…

2015.02.05 平成26年分所得税確定申告のポイント について

平成26年分の所得税確定申告のポイントと平成26年分所得税の主な改正事項…

2014.09.24 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を更新しました。一般事業主…

FAX通信

扶養控除等申告書とマイナンバー

平成28年1月から社会保障、税、災害対策の行政手続にはマイナンバー(個人番号)が必要になります。税関連では、多くの場合、28年分の給与所得者の扶養控除等申告...

top