HOME > 自社株譲渡益と上場株譲渡損の損益の通算が廃止となります。
2015
11.15

自社株譲渡益と上場株譲渡損の損益の通算が廃止となります。

自社株譲渡益と上場株譲渡損の損益の通算が廃止となります。

~ 損益の通算タイムリミット!!  適用は平成27年12月31日まで   

事業承継を行っていく上で、自社株式(非上場株式)の売却による譲渡益にお困りではありませんか?お手持ちの上場株式に含み損がある場合、損切りにより損失を出すと、現行の税制では自社株式(非上場株式)の譲渡益とその損失を合算(損益の通算といいます)し、納税申告をすることが可能です。

  

 ~ 平成28 1月 1日以後は損益の通算が適用になりません!!  

平成28 1 1日より、上場株式と自社株式(非上場株式)の所得区分は、「上場株式等に係る譲渡所得等」と「それ以外の株式等に係る譲渡所得等」に区分して、それぞれ別々の申告分離課税制度が適用されます。

 それに伴い、これまでは可能とされていた上場株式と自社株式(非上場株式)の譲渡損益の、損益の通算ができなくなります。


詳しくは・・・  第212号 11.15.pdf




 


セミナーのご案内

  • 只今、準備中です。
セミナー一覧へ

お知らせ

2016.10.15 FAX通信ページ更新

FAX通信第223号<国外財産調書制度のポイント>を掲載しました。詳しくはF…

2016.06.15 FAX通信ページ更新!

FAX通信第219号、『相続税の誤りやすい事例』 を掲載しました。

2016.05.15 FAX通信ページを更新しました。

FAX通信、第218号 「 被災地への自社製品の提供と交際費について」 を掲…

2014.09.24 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を更新しました。一般事業主…

FAX通信

国外財産調書制度のポイント

平成24年税制改正において、国外財産調書制度が創設され、平成26年1月から施行されています。<国外財産調書制度の概要> ・提出しなければならない者そ...

top