HOME > 相続税の誤りやすい事例
2016
06.15

相続税の誤りやすい事例

相続税法の改正により課税対象者が増えています。

誤りやすい事例は下記の通りです。

                                   
  1. 2割加算
  2. 法定相続人の数
  3. 生命保険金とともに払戻しを受ける前納保険料
  4. 被相続人以外の名義の財産
  5. 被相続人の準確定申告に係る還付金等
  6. 支給されていなかった年金を受け取った場合
  7. 保険事故が発生していない生命保険契約
  8. お墓の購入費用に係る借入金
  9. 未納の固定資産税・住民税
  10. 返済が免除される住宅ローン
  11. 相続開始前3年以内の贈与財産

 詳しくは、第219号 6.15.pdf をご覧ください。

セミナーのご案内

  • 只今、準備中です。
セミナー一覧へ

お知らせ

2016.10.15 FAX通信ページ更新

FAX通信第223号<国外財産調書制度のポイント>を掲載しました。詳しくはF…

2016.06.15 FAX通信ページ更新!

FAX通信第219号、『相続税の誤りやすい事例』 を掲載しました。

2016.05.15 FAX通信ページを更新しました。

FAX通信、第218号 「 被災地への自社製品の提供と交際費について」 を掲…

2014.09.24 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を更新しました。一般事業主…

FAX通信

国外財産調書制度のポイント

平成24年税制改正において、国外財産調書制度が創設され、平成26年1月から施行されています。<国外財産調書制度の概要> ・提出しなければならない者そ...

top