HOME > 業務内容

業務内容

月次決算書の報告 及び 事前決算検討会の実施

■月次決算書の報告

我が事務所は月次決算書の報告を重視しています。それは月次決算書がお客様の経営判断に必要な羅針盤であると考えるからです。
『 早く・正確に・分かりやすく 』をモットーにしています。

"早く"
理想は翌月5日と考えております。そのためには経理業務が しっかりと構築されていることが求められます。
当事務所ではそのために『自計化』をご支援いたします。
"正確に"
発生主義に基づき、毎月発生する経理処理を正確に計上いたします。
"分かりやすく"
月次決算書は読めなければ経営に活かすことができません。
そこでお客様にとって難しい月次決算書を分かりやすく加工して、分かりやすい表現で解説いたします。

■事前決算検討会の実施

我が事務所は決算前の対策を重視しております。それは、決算書ができてからでは「こんなに利益がでているのであれば、欲しいものを買えば良かった。」「社員に賞与を払えば良かった。」「この決算書では金融機関に提出できない」などと思っても後の祭りだからです。お客様にこんな思いをしていただかないために、決算月1ヶ月前に決算予測を行い、対策を検討します。

次月決算書

事業承継・相続対策

今、事業承継が取り上げられている背景には、中小企業の経営者の方の高齢化があります。中小企業の経営者の平均年齢があります。
中小企業の経営者の平均年齢が60歳に近づきつつあり、世代交代が進むと予想されます。
これからは従来の掃除区としての事業承継から、経営のバトンタッチとしての事業承継でなければなりません。
我が事務所は、事業承継に悩んでいる中小企業のオーナーが、安心して事業承継が出来るように、コンサルティング業務を通してお手伝いさせていただきます。

経営計画書作成のお手伝い

経営者のビジョンなくして会社の成長は望めません。日々の対症療法的な経営ではなく、将来のあるべき姿を見据えた上で、今必要なことは何か。

 その1 経営判断を下す際、社長の迷いがなくなります!!
 その2 経営幹部養成・後継者育成に役立ちます!!
 その3 計画を共有することで組織・社員が活性化!!
 その4 金融機関や親会社からの信用が高まります!!

PDCA(プラン・ドゥ・チェック・アクション)の構築により、経営者の夢を実現するためのお手伝いをさせていただきます。

>あんしん経営をサポートする会

医業経営コンサルティング

「開業医の先生が医療に専念する為に、私達に何ができるだろうか?」 既に開業されているドクター、またこれから開業を目指すドクターにとっても、今日のクリニックをとりまく環境は、順風満帆とは言い難い状況です。社会保障 費抑制による診療報酬引き下げ、医院数増加による医院間競争の激化、金融機関による貸出し条件の厳格化など、年々厳しさを増してきています。言い換えれ ば、開業医の先生には「経営」の視点が今まで以上に求められる時代になったと言えるでしょう。小林会計事務所では、医療に強い会計事務所として、税務・経 理はもちろん、財務・人事労務・法務といった、経営にまつわる様々な事で、先生のお役に立ちたいと考えています。そして先生には出来る限り診療に専念して 頂き、先生が追い求める理想の診療の実現と、地域から選ばれる人気医院になって頂く事に、私達は少しでも貢献したいと考えています。

開業支援業務
・開業スケジュールの作成
・事業計画の立案
・コンセプト策定
・資金計画
・金融機関交渉
・診療圏調査
・開業地の選定
・設備投資計画
・スタッフ採用
・所管庁への諸手続

経営支援業務
・月次会計監査
・経理代行
・経営分析
・節税対策
・税務調査立会
・人事労務コンサルティング
・医院承継コンサルティング(親子間承継・M&A)

医療法人設立支援業務
・医療法人設立シミュレーション
・医療法人設立の有利・不利判定
・相続(争続)対策
・所管庁への諸手続

会計参与

会計参与は会社法から生まれた新しい制度です。
お客様と共同して決算書を作成いたします。会計参与の仕事は決算書を作成するだけと思われがちですが、私達はお客様の会社の「会計」の「参与(相談などにあずかること)」の立場にあります。私達がお手伝いさせていただくことにより、より企業と決算書の信頼性が高まります。

>NPO法人 会計参与支援センター

新公益法人制度移行支援業務

「公益認定」でこんなお悩みはございませんか?
●公益法人を(1)解散する、(2)一般社団・財団法人に移行、(3)公益社団・財団法人に移行、これらの方針が明確に決まっていない。
●ともかく法人の立場上「非公益法人」として取り扱われるわけにはいかない。
●現状の自社の経理が公益法人会計基準に適応していない。
●ともかく自分の法人が公益認定基準をクリアできるのか確認をしておきたい。
●理事・監事等の責任がわからない為、今後の理事会等の運営方法がわからない。

当社ではこのような法人様への支援業務をおこなっております。

経営コンサルティング
建設業経営事項審査のお手伝い
医業経営コンサルティング
農業経営コンサルティング
財務支援
経理支援
記帳代行
給与計算代行、年末調整等のお手伝い
行政代行
リスクマネジメント



★その他お困りごとがございましたら、
 お気軽にご相談下さい。

農業経営コンサルティング

農業経営者のための経営支援

農業経営の会計処理、税務申告業務を代行いたします
 月々の事業に関するお支払や必要経費の領収証をお預かりして、会計処理・税務申告に必要な帳簿類を作成いたします。


・確定申告書、消費税申告書を作成いたします
 課税売上高が1000万円を超えると消費税の申告が必要です。


・農業経営の法人化をお手伝いいたします 
 【個人事業として農業経営されている方へ】
 税制上有利な青色申告を選択していますか?
 青色申告は、白色申告と比べて65万円の特別控除があったり、配偶者や家族への給料を経費として計上できるなど、税制上有利な点がたくさんあります。
 ただし、白色申告では作成しなくてもよかった帳簿を作成するなどの諸条件を整える必要があります。


       小林会計事務所は、日本政策金融公庫の農業経営アドバイザーに合格し、
     融資のご相談や事業拡大、設備投資等で日本のさらなる発展を支援しております。






セミナーのご案内

  • 只今、準備中です。
セミナー一覧へ

お知らせ

2016.10.15 FAX通信ページ更新

FAX通信第223号<国外財産調書制度のポイント>を掲載しました。詳しくはF…

2016.06.15 FAX通信ページ更新!

FAX通信第219号、『相続税の誤りやすい事例』 を掲載しました。

2016.05.15 FAX通信ページを更新しました。

FAX通信、第218号 「 被災地への自社製品の提供と交際費について」 を掲…

2014.09.24 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を更新しました。一般事業主…

FAX通信

国外財産調書制度のポイント

平成24年税制改正において、国外財産調書制度が創設され、平成26年1月から施行されています。<国外財産調書制度の概要> ・提出しなければならない者そ...

top